長襦袢の袖がでてくる。

繰り越し巾は実際に着る時の衣文をぬく加減とは違う

古着でお着物購入するなとはいえませんが 着物の仕立てにはいろいろな仕立て方があります。 長襦袢と着物は対に着るので 長襦袢の袖が着物からでないようにするには 長襦袢の裄の方がすこし短く仕立てます。 しかし もう一つ 落とし穴があって 写真に 着物の後ろ姿がありますが 衿の後ろ側の長さと できあがり繰越巾とかいてあるその寸法が 長襦袢の方が大きいと 長襦袢の袖が着物からでてしまうことがあります。 普通よりも長襦袢の裄を狭く仕立てるしか方法がありません。