7月のおわり

いや~~~暑い。 この一月間に 正絹の着物を着られた方は 是非 汗取りをしてください。袖口と衿の汚れもとる。この暑さでは 秋になるまでメンテナンスを待っていると黄色に変化してしまうかもしれません。

8個 600円 たこ焼き

大阪城公園でたこ焼き屋をしている人が 脱税したそうです。8個で600円だそうですが 高いな。 会津屋は 15個 550円 お持ち帰りです。

そういえば 近くの チェーン店のたこ焼き屋 いつも暇そうにしていますが
店員が ずーと下を向いて スマフォをみているからだと思います。

しかし ある一人の店員だけは お客が待っている時があります。その店員だけが売る努力をしています。前を通る人がいたら 声をかけていると思います。

そして 誰かが買っているとなると 次は新しいたこ焼きが着実に買えるということなので 買う人がでてきます。

いつ焼いたかわからない たこ焼きはまずい。それぐらい 大阪人ならわかっていますから。私も 買うならその店員が焼いている時と決めています。

大阪城公園のたこ焼き屋は 外国からの観光客が増えたので 売る努力は全く必要のないお店なのでしょね。

和裁 おなおし

居敷当ての付け替え 居敷当てをつける。

単衣の着物をよく着る人は 居敷当てをつけます。居敷当てが先に破れたりした時には居敷当てだけを 交換します。その時 交換する居敷当てのつけ方によって 交換の手間が かかるものと あまりかからないものがあります。居敷当てだけをとれるように仕立ててあるものでも 薄物の場合は 都合により たくさんはずさなければなりません。はずした方が 早く直すことができるのです。

こういうことは やってみないとわかりませんが さまざまなお直しをする事で 腕があがればいいのにと思います。