着物の購入

強引な販売で 着物を買わされたという人がいると思います。 どんな状況になったのかは 想像できます。 「一度 家に帰って 気持ちを落ち着けてから お返事します。こちらから 返事がなければ 買わないということだと思ってください。」 と きっぱり言うのが いいだろうと 思います。

「お金がない」  というと カードとかに関係なく 月々返済する方法をすすめられるでしょうし お金がないは なぜか理由になりません。「借金してまで 購入したくありません。」というと なぜだか 「あなたは やさしい人ですね」と ほめられた?のか わかりませんが そういわれたこともあります。

着ていくところがありません。というと 自分で着ていくと所を作ったり 店のイベントに参加してください。といわれます。そういうイベントに参加したくありません。というと 人生 何があるかわかりません。将来 着る時が来るかもしれませんよ。

もっと わらけるのは これを購入したら 「徳をつむことになります」 と言われた時です。 私が購入すると 販売員のノルマが達成できるので すると 人を助けたことになり 徳がつめるというのです。着物を買うと 徳がつめるとは 思っていませんでした。それを買う事で 私の生活は 家賃 ライフライン 食費 社会保険料 全部 支払えなくなるのに それが 徳をつむことになるのか? 取引先の店員にいわれるのですから 関係が悪くならないように 断るしかありません。 

着物は好きだけど それに関わる さまざまな人の中で 尊敬できる人は そうそういません。